ニュース

2017年09月29日 掲載 (Published 09/29/2017)


第9回生体分子相互作用解析フォーラムワークショップ「超遠心分析用解析プログラムSEDFIT講習会および講演会」

主催:生体分子相互作用解析フォーラム

日時:2017年10月31日火曜日 10時〜17時

場所:
ベックマン・コールター株式会社 東京ビジョンセンター
〒135-0063東京都江東区有明3−5−7 TOC有明ウエストタワー12階

内容・概要:
近年、超遠心分析のデータ解析のスタンダードになっているプログラム SEDFIT について解説し、実際のデータを用いて解析の実習を行います。SEDFIT は NIH のPeter Schuck博士によって開発された超遠心分析用のプログラムで、沈降速度法ならびに沈降平衡法の解析が可能で可能です。例えば、沈降速度法では、沈降データから沈降係数の分布関数 c(s)を求めることができ、移動境界面の拡散による広がりの影響を受けない真の分布関数が求められます。このプログラムは、解離会合系の解析においても有用であることが明らかにされています。実習では、標準的な蛋白質の解析だけでなく、蛋白医薬に含まれる 1-2%以下の会合体の検出や、自己会合系のデータ解析も行う予定です。なお、参加者には各自ノートパソコンを持参頂き、SEDFITプログラムをインストールした上で、実習を行います。実習では解析の際の注意事項だけでなく、超遠心分析の基礎、さらには、よりよい結果を得るための実験のコツについても解説する予定です。また、講習会の最後には、超遠心分析を利用した最新研究事例の紹介について講演会を行う予定です。

プログラム:
10:00-11:00 理論的講義 沈降と拡散の基礎、速度法、平衡法
11:00-12:00 解析実習(SEDNTERP、SEDFIT、GUSSI、SEDPHAT)
12:00-13:00 ランチョンセミナー(ベックマン・コールター)、装置見学
13:00-16:00 解析実習(SEDNTERP、SEDFIT、GUSSI、SEDPHAT)
(途中休憩を挟む)
16:00-17:30 講演会「超遠心分析を利用した最新研究」
17:30-19:00 情報交換会

会費(理論的講義+解析実習):
一般5,000円、学生2,000円 (講演会以降は無料) 参加者は、SEDNTERP、SEDFIT、GUSSI、SEDPHAT の各ソフトウェアの最新版をノート PC 等にインストールして持参して下さい。ダウンロード先は別途お知らせいたします。

講習会参加の場合は有料、講演会のみ参加の場合には無料、となります。
参加人数把握のため、講習会あるい講演会のみ、を記載の上、事前申込みをお願いいたします。

連絡先:
下記のいずれかにご連絡下さい。
内山 進 suchi(at)bio.eng.osaka-u.ac.jp
雲財 悟 satoru.unzai.61(at)hosei.ac.jp
有坂 文雄 fumio.arisaka(at)gmail.com