ニュース

2016年08月05日 掲載 (Published 08/05/2016)


第8回生体分子相互作用解析フォーラムワークショップ「超遠心分析用解析プログラムSEDFIT講習会」

主催団体
生体分子相互作用解析フォーラム
日時:2016年9月5日(月)13時~17時

場所:大阪大学東京オフィス(虎ノ門)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1丁目4-1 日土地ビル10階

概要:
近年、超遠心分析沈降速度法データ解析のスタンダードになっているプログラム SEDFIT について解説し、実際のデータを用いて解析の実習を行います。SEDFIT は NIH の Peter Schuck 博士によって開発された沈降速度法の解析プログラムで、生データから沈降係数の分布関数 c(s)を求めることができ、移動境界面の拡散による広がりの影響を受けない真の分布関数が求められます。このプログラムでは解離会合が ないことが想定されていますが、解離会合系の解析においても非常に有用であること が明らかにされています。実習では、標準的な蛋白質の解析だけでなく、蛋白医薬に含まれる1-2%以下の会合体の検出や、自己会合系などのデータ解析を行う予定です。 なお、参加者には各自ノートパソコンを持参してもらい、最新の SEDFIT プログラムをインストールしてもらって解析の実習を行います。実習では解析の際の注意事項 だけでなく、よりよい結果を得るための実験についても解説する予定です。

プログラム:
13:00-14:30 理論的講義 沈降と拡散の基礎、速度法、平衡法
14:30-14:40 休憩
14:40-15:00 ベックマンによるプレゼンテーション
15:00-17:00 解析実習(Sednterp、Sedfit、GUSSI、Sedphat)

会費:一般 5,000円、学生 2,000円 

連絡先:
下記のいずれかにご連絡下さい。
雲財 悟
satoru.unzai.61(at)hosei.ac.jp
内山 進
suchi(at)bio.eng.osaka-u.ac.jp
有坂 文雄
fumio.arisaka(at)gmail.com

迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)