ニュース

2015年12月21日 掲載 (Published 12/21/2015)


蛋白研セミナー「構造を基盤とする蛋白質科学における未解決問題」

日時:2016年3月1日(火)~2日(水)

会場:東京大学 先端科学技術研究センター 3号館南棟 ENEOSホール

趣旨:近年、X線結晶構造解析、核磁気共鳴法、電子顕微鏡イメージングにより数多くの蛋白質の構造が決定され、蛋白質の機能発現メカニズムの理解が飛躍的に進んでいる。しかしながら、そのような発展にもかかわらず、未だ蛋白質を理解したというにはほど遠く、例えばアミノ酸配列から立体構造や機能を完全に決定できないなど、まだ様々な問題が残されている。
本セミナーでは、異分野も含めた多方面から若手の講師を招いて、研究の最前線と蛋白質科学において解かれるべきでありながらも未だ解けていない諸問題とそれに対する展望について率直に議論したい。

世話人:鷹野 優、米澤 康滋、重田 育照、石北 央

蛋白研対応者:中村 春木(大阪大学)

招待講演に加えて、ショートトーク、ポスター発表を広く募集致しております。詳細は以下のURLをご参照下さい。

皆様のご参加を世話人一同心よりお待ち致しております。

URL:http://www.protein.rcast.u-tokyo.ac.jp/tanpakuken2016/