ニュース

2014年03月03日 掲載 (Published 03/03/2014)


第59回低温生物工学会セミナー「低温/乾燥に適応した生物の生き残り戦略 としての休眠」

主催:低温生物工学会
協賛:日本生物物理学会 他                                       
日時:2014年6月28日(土)
場所:九州大学 国際ホール(箱崎キャンパス)

プログラム:
1 本城 賢一 (九州大学大学院 農学研究院)
「酵母の凍結ストレス耐性改善へのアプローチ」
2 岩堀 英晶 (九州沖縄農業研究センター)
「線虫の生残における耐低温・耐乾燥戦略」
3 津田 みどり (九州大学大学院農学研究院)
「種子食昆虫の休眠について」
4 石橋 勇志 (九州大学大学院農学研究院) 
「低温下の種子休眠・発芽における活性酸素シグナルの役割」
5 竹尾 透(熊本大学 生命資源研究・支援センター)
「生殖細胞の低温保存技術を利用した遺伝子改変マウス研究基盤の構築」
6 征矢野 清(長崎大学附属 環東シナ海環境資源研究センター) 
「魚類の生存・繁殖に及ぼす低温影響」
7 総合討論

※詳細は本ページ最下部URLをご確認ください。

連絡先: 
 井上眞理 (第59回 低温生物工学会大会委員長) 
 〒812-8581 福岡市東区箱崎6丁目10-1
 九州大学農学研究院 資源生物科学部門 作物学分野

email:mariino(at)agr.kyushu-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://square.umin.ac.jp/jscc/jp/activities/seminar/59.html