ニュース

2014年01月16日 掲載 (Published 01/16/2014)


最先端研究開発支援プログラム(FIRST)審良プロジェクト 公開シンポジウム「免疫研究が拓く未来医療」

主催:最先端研究開発支援プログラム(FIRST)審良プロジェクト
共催:毎日新聞社、大阪大学免疫学フロンティア研究センター(WPI-IFReC)
後援:内閣府、独立行政法人日本学術振興会

日時:2014年2月1日(土)13:00~16:00(受付12:00~)
場所:日本科学未来館 みらいCANホール(東京都江東区青海2-3-6)

参加費:無料
定員:200名(先着順) ※事前の参加登録が必要です。

参加申込方法:本ページ最下部URLよりお申込みください。

概要:
 私たちを取り巻く病原体から、体を守る「免疫」。最近の研究で、免疫の仕組みを
 活用した医療の可能性が大きく広がっています。免疫研究で注目を集める「審良プ
 ロジェクト」が、第一線で活躍する方々を招き、最新の情報を分かりやすくお伝え
 するシンポジウムを開催します。

プログラム:
 講演1「免疫研究から見えてきた新規治療の可能性」
 審良 静男(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 拠点長・教授)

 講演2「抗体医薬 その可能性と展望」
 服部 有宏(中外製薬株式会社 研究本部 探索研究部長)

 トークセッション「免疫研究が拓く未来医療」
 審良 静男(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 拠点長・教授) 
 服部 有宏(中外製薬株式会社 研究本部 探索研究部長) 
 黒崎 知博(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任教授 /理化学研究所 統合
 生命医科学研究センター 分化制御研究グループ グループディレクター) 
 田口 淳一(東京ミッドタウン先端医療研究所 所長/東京ミッドタウンクリニック 院長) 
 加藤 ゆり(タレント) 
 元村 有希子(毎日新聞社 科学環境部 編集委員)

問合先:
 審良プロジェクト公開シンポジウム事務局

email:info(at)akira-pj.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.akira-symposium.com

本ニュースの添付書類 (The attachment link.)