ニュース

2014年01月10日 掲載 (Published 01/10/2014)


第9回熱分析基礎講座 DSC・DTA・TG・TMAの講義と演習 - 信頼性の高い測定のために-

主催:日本熱測定学会(企画:標準化作業グループ)
後援:産総研NMIJ固体熱物性クラブ
協賛(順不同、予定):
 日本分析化学会、高分子学会、日本物理学会、日本生物物理学会、日本熱物性学会

日時:2014年6月24日(火)10時~17時
場所:首都大学東京 秋葉原キャンパス秋葉原ダイビル12階
   (東京都千代田区外神田1-18-13)

プログラム:
 10:00~10:10:開会の挨拶(首都大学東京・大学院都市環境研究科)吉田博久
 10:10~10:40:「熱分析の基礎」(講義)(首都大学東京・大学院都市環境研究科)
         吉田博久
 10:40~11:10:「DSC・DTAの測定原理と解析法」(講義)(産業技術総合研究所・
         計測標準研究部門)阿部陽香
 11:10~11:40:「TGの測定原理と解析法」(講義)(広島大学・大学院教育学研究
         科)古賀信吉
 11:40~12:10:「TMAの測定原理と解析法」(講義)(神奈川大学・理学部化学科)
         西本右子
 12:10~13:30:休憩(各自自由に昼食をお取りいただきます)
 13:30~14:35:「DSC・DTAの校正」(演習)※(産業技術総合研究所・計測標準
         研究部門)清水由隆
 14:35~15:40:「TGの校正と速度論解析」(演習)※(広島大学・大学院教育学研
         究科)古賀信吉
 15:40~15:50:休憩
 15:50~16:55:「TMAの校正と応用例」(演習)※(神奈川大学・理学部化学科)
         西本右子
 16:55~17:00:閉会の挨拶(産業技術総合研究所・計測標準研究部門)阿部陽香
 ※装置の校正法について、測定データ例を示しながら演習形式で解説いたします。
  機器を使用した測定実習は行いませんので、ご注意ください。

参加申込:
 午前のみ、午後のみの受講も可。ただし修了証は終日参加を条件とします。

参加費(テキスト含む):
 日本熱測定学会会員18,000円(午前または午後のみの場合11,000円)、
 本会学生会員5,000円、協賛学会会員25,000円、協賛学会学生会員7,000円、
 非会員 28,500円

参加申込方法:
 申込書にご記入の上、書面にて郵送またはFAXにてお申込みください。
 または、申込書と同じ内容をメールで事務局にお送りください。
 申込書受理後、請求書をお送りいたします。参加費の払戻しはいたしません。定員を
 超えた場合は先着順に締め切らせていただきます。

申込締切:2014年6月13日(金)

申込先・連絡先:
 日本熱測定学会事務局 
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-6-7 宮沢ビル601
 TEL:03-5821-7120 FAX:03-5821-7439

email:netsu(at)mbd.nifty.com
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.netsu.org/