ニュース

2013年08月09日 掲載 (Published 08/09/2013)


平成25年度 未踏科学サマー道場 <ポリマー精密合成の基礎と応用> 高分子精密合成は高分子合成の主流となりうるか ~工業化への可能性を求めて~

主催:一般社団法人未踏科学技術協会

日時:2013年8月27日(火)15:00~8月29日(木)11:40
場所:湘南国際村センター
   (〒240-0198神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39 TEL:046-855-1800)
   http://www.shonan-village.co.jp/  JR逗子駅からバスで20~30分

定員:
 大学院生30名程度、企業の若手研究者30名程度、中堅からシニアメンバー20名程度

参加費:  
 企業一般 40,000円
 大学および公的研究機関所属者 20,000円
 大学院生(大学院生には別途補助あり) 5,000円
 ※上記参加費には、資料代を含みます。
  未踏科学技術協会会員、応用物理学会員は1割引
  現地までの交通費と宿泊費(シングル1泊¥13,600、学生(3人部屋)は1泊¥11,100
  朝夕食込)、2日目昼食代(¥1,200)は、参加費に含みません。(いずれも消費税込)

参加申込:
 本ページ最下部URLより、申込用紙をダウンロードしてメール添付またはFAXでお申
 し込みください。

プログラム(案):
 8月27日(火)
 15:00-15:10 開会式 
  西 敏夫 (東京工業大学)
  木村 茂行 (未踏科学技術協会)
  遠藤 剛 (近畿大学)
 セッション1及びポスターセッション1 座長:遠藤 剛 (近畿大学)
 15:10-16:20
  「配位重合による炭化水素系ポリマーの精密合成」     
  塩野 毅(広島大学)
 16:20-17:30
  「固相重合によるポリマーの精密合成:反応の特徴と応用展開」      
  松本 章一(大阪市立大学)
 17:40-18:40 ポスターセッション1 司会:伊藤 耕三 (東京大学)
 18:40-20:30 レセプション(夕食含む)
 ランプセッション1 座長:遠藤 剛 (近畿大学)
 20:50-21:25
  「紐と環のエントロピーが結合した環動高分子の応用(仮)」
  伊藤 耕三(東京大学)
 21:25-22:00
  「原子移動ラジカル重合(ATRP)を利用したテレケリックポリアクリレートの工業化」
  中川 佳樹 (カネカ/JACI)

 8月28日(水)
 セッション2及びポスターセッション2 座長:遠藤 剛 (近畿大学) 
 8:50-10:00
  「開環重合による新規高分子材料の設計と応用」        
  須藤 篤(近畿大学)
 10:10-11:20
  「縮合系高分子の分子量制御:連鎖縮合重合の開発」       
  横澤 勉(神奈川大学)
 11:20-12:30
  「ラジカル重合およびイオン重合による高分子精密合成:精密重合の現状と未来
   および課題(仮)」          
  澤本 光男(京都大学)
 12:30-13:50 集合写真撮影後、昼食
 14:00-17:00 エクスカーション(自由参加、行き先 未定)
 17:00-18:00 ポスターセッション2 司会:伊藤 耕三 (東京大学)
 18:10-20:10 懇親会(夕食含む)
 ランプセッション2 司会:伊藤 耕三 (東京大学)
 20:30-21:05
  「新しい合成法で挑む未踏の元素ブロックπ共役高分子」
  冨田 育義(東京工業大学)
 21:05-21:40
  「TERP法を用いた高機能ポリマーの開発と工業化」    
  河野 和浩(大塚化学)

 8月29日(木)
 セッション3 座長:遠藤 剛 (近畿大学)
 8:50-10:00
  「リビングアニオン重合による低燃費タイヤ用末端機能化エラストマーの開発
  (仮)」 
  但木 稔弘(JSR)
 10:10-11:20
  「新規リビングカチオン重合系の開拓および刺激応答性ポリマーの精密合成」   
  青島 貞人(大阪大学)
 11:20-11:40 閉会式
  ポスター発表優秀賞授与 遠藤 剛 (近畿大学)
  修了証書授与 西 敏夫(東京工業大学)

お申込・問合先: 
 一般社団法人 未踏科学技術協会 未踏科学サマー道場(担当:大貫留美子)
 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-10 新橋アマノビル6F
 TEL:03-3503-4681 FAX:03-3597-0535

email:mitohsci2013(at)sntt.or.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.sntt.or.jp/summer/prg/prog_12.php