ニュース

2013年06月06日 掲載 (Published 06/06/2013)


第31回関西界面科学セミナー ―光が拓く表面・界面主役の世界―

主催:
 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部・高輝度光科学研究センター(JASRI)

協賛:
 日本生物物理学会ほか

日時:2013年8月2日(金)13時30分から3日(土)12時15分まで
場所:SPring-8放射光普及棟 (〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1)

参加申込締切:
 7月19日(金)定員(60名)になり次第

参加費:
 主催協賛団体会員20,000円、大学官公庁会員12,000円、学生5,000円、
 非会員25,000円(宿泊費を含む)

参加申込方法;本ページ最下部URLを参照ください。

概要:
 放射光は、物質の構造や反応解析の画期的な手段として、材料科学、生命科学、地球
 科学など幅広い分野に応用されています。本セミナーでは、「放射光と界面」をキー
 ワードに、基礎から応用、最先端までを合宿形式で学びます。SPring-8見学会も同時
 開催します。

プログラム:
8月2日(金)13:00 受付開始
 1. SPring-8の紹介(仮)
  広沢 一郎(高輝度光科学研究センター産業利用推進室)
 2. 放射光と界面
  飯村 兼一(宇都宮大学大学院工学研究科学際先端システム学専攻)
 3. 放射光でみる多孔性配位高分子(PCP/MOF)結晶の表面構造とダイナミクス
  古川 修平(京都大学物質-細胞統合システム拠点) 
 4. 軟X線放射光を用いたDLC膜のキャラクタリゼーションと表面機能化
  神田 一浩(兵庫県立大学高度産業科学技術研究所)

8月3日(土)
 5. 将来光源を用いた新しいタンパク質の構造・機能研究
  佐藤 衛(横浜市立大学生命ナノシステム科学研究科)
 6. 自動車用リチウムイオン電池
  右京 良雄(株式会社 豊田中央研究所)
 7. はやぶさサンプルを分析する
  土山 明(京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻)
― 昼食後、SPring-8見学会 ―


連絡先:
 〒670-8524 姫路市上大野 7-2-1 姫路獨協大学薬学部  岡村 恵美子
 TEL・FAX:079-223-6847

email:emiko(at)himeji-du.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://colloid.csj.jp/newly_update/seminar2013.pdf