「生物物理」誌(学会PDF版) 目次・PDF file閲覧

「生物物理」誌(学会PDF版)閲覧

【Vol. 56 No. 2(通巻324号)記事一覧】

◆巻頭言
────────────────────────────────────────
計算生物物理学の将来
岡本 祐幸

────────────────────────────────────────
◆解説
────────────────────────────────────────
光合成の構造生物学
沈 建仁,秋田 総理,菅 倫寛

40年に渡るシグナルトランスダクションと学習記憶研究
榊原 学

────────────────────────────────────────
◆総説
────────────────────────────────────────
人工ペプチドによる自己集合性材料―ウイルスキャプシドと光誘起ナノファイバー
松浦 和則

動く細胞が読み取る時間と空間:走化性のパラドクスと整流作用
中島 昭彦,石原 秀至,澤井 哲

ショウジョウバエの動き検知メカニズムにおけるノイズ頑強性:実験と理論からのアプローチ
鈴木 力憲,森本 高子

────────────────────────────────────────
◆トピックス
────────────────────────────────────────
真核細胞のルースな遺伝子制御とクロマチン動態
笹井 理生,寺田 智樹

DNA結合蛋白質p53のスライディング探索の単分子蛍光観察
村田 崇人,伊藤 優志,鎌形 清人

────────────────────────────────────────
◆理論/実験 技術
────────────────────────────────────────
ダメージの少ないミトコンドリア単離法
柴田 貴弘,山下 紗季,加藤 薫,太田 善浩

質量分析を用いた膜貫通型タンパク質のハイスループット定量法
武森 信曉

生理機能の多階層ハイブリッドモデリングを実現するモデリングプラットフォーム
浅井 義之,安部 武志,北野 宏明

────────────────────────────────────────
◆談話室
────────────────────────────────────────
そもそも「ポスドク問題」ってなんだろう?男女共同参画・若手支援シンポジウム報告
根岸 瑠美,大上 雅史

日本生物物理学会若手奨励賞―第11回選考過程報告―
高橋 聡,有坂 文雄

────────────────────────────────────────
◆書評
────────────────────────────────────────
グスタフ・ゼン 葉緑体の変形と定位運動

────────────────────────────────────────
支部だより ~2014年度北海道支部例会~
北村 朗

若手の会だより ~第56回生物物理若手の会 夏の学校 北海道・東北開催~
田宮 裕治

海外だより ~イギリス・マンチェスター大学より~
永田 崇

「生物物理」誌(学会PDF版)閲覧


前のページに戻る