「生物物理」誌(学会PDF版) 目次・PDF file閲覧

「生物物理」誌(学会PDF版)閲覧

【Vol. 55 No. 1(通巻317号)記事一覧】

◆巻頭言
────────────────────────────────────────
最先端の研究
七田 芳則

────────────────────────────────────────
◆解説
────────────────────────────────────────
膜内KcsAカリウムチャネルの原子間力顕微鏡による構造と動態解析
角野 歩, 山本 大輔, 炭竈 享司, 岩本 真幸, 出羽 毅久, 老木 成稔

────────────────────────────────────────
◆総説
────────────────────────────────────────
配列特異的RNA分解酵素の配列認識および分解制御機構
山口 良弘

問題解決の前兆としての前頭前野神経活動ゆらぎ
坂本 一寛

プロテアソームの細胞内動態と機能
佐伯 泰

全原子分子動力学計算が解き明かす分子モーターの回転機構
伊藤 祐子, 池口 満徳

計算科学と実験科学の組み合わせにより明らかになった多剤排出トランスポーターAcrBの分子メカニズム
村上 聡, 山根 努, 池口 満徳, 高田 彰二

────────────────────────────────────────
◆トピックス
────────────────────────────────────────
自発的に明滅する蛍光色素の開発と超解像顕微鏡への応用
宇野 真之介, 神谷 真子, 浦野 泰照

新規PDIファミリータンパク質ERp46の構造と機能
奥村 正樹, 金村 進吾, 稲葉 謙次

分子動力学計算における新規非エバルト法の開発と応用
福田 育夫

────────────────────────────────────────
◆談話室
────────────────────────────────────────
大腸菌と粘菌の世界,小6君のために.
斎藤 信彦

第16回レチナールタンパク質国際会議を開催・参加して
山下 高廣

────────────────────────────────────────
◆タンパク質立体構造散歩
────────────────────────────────────────
CRM1
ヒトDNAポリメラーゼη
タンパク質膜組込み酵素YidC

────────────────────────────────────────
支部だより
若手の会だより
海外だより

「生物物理」誌(学会PDF版)閲覧


前のページに戻る