ニュース

外間 進悟 氏、Zhong Chongxia 氏、山下 隼人 氏、原田 慶恵 氏、鈴木 団 氏(いずれも大阪大学)らによる国際共同研究グループが、ナノ量子センサーを新開発し、細胞内の熱伝導率を初計測

2021年01月22日 プレス・受賞

“生きる”とは?私たち生物の細胞が熱を伝えるメカニズムの解明へ。ナノ量子センサーを新開発し、細胞内の熱伝導率を初計測

外間 進悟 氏、Zhong Chongxia 氏、山下 隼人 氏、原田 慶恵 氏、鈴木 団 氏(いずれも大阪大学)らによる国際共同研究グループが、ナノ量子センサーを新開発し、細胞内の熱伝導率を初計測することに成功しました。
一般向け科学雑誌であるScientific American誌、COSMOS誌などにも、著者らへのインタビューと共に紹介されています。

URL
https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2021/20210116_1


前のページに戻る