ニュース

平成14年度化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」研究奨励金

2002年02月18日 賞・助成

第6回化学・生化学マイクロシステム国際会議(μTAS 2002)
6th International Conference on Miniaturized Chemical and Biochemical Analysis Systems

主催 μTAS 2002組織委員会
共催 日本生物物理学会
日時 11月3日(日)~7日(木)
場所 奈良県新公会堂(奈良市春日野町101番地 :http://www.pref.nara.jp/shisetu/koukaido/index.html)[交通]JR奈良駅からバス15分、近鉄奈良駅から徒歩15分
この会議は、半導体技術である微細加工技術を利用しマイクロ化した化学・生化学分析、HTSシステム、コンビナトリアル化学プロセス、ゲノム解析、プロテオーム解析等の基礎と応用に関する会議であり、1994年以来、ヨーロッパおよびアメリカにおいて開催されてきた会議を初めてわが国で開催するものです。
発表申込締切 5月17日(金)
発表申込方法 A4版2枚(1枚目に要旨、2枚目に図・表)に記入し、PDFファイルとして添付して、下記申込先宛てに電子メールでお送りください。要旨の最初にはトピックス番号(ホームページ参照)、口頭発表かポスター発表かの希望を記入し、要旨をお送りいただく電子メールには、1)演題、2)申込者名、3)所属、4)住所、5)E-mailアドレス、6)電話&ファックス、7)発表者名、8)トピックス番号、9)口頭かポスターかの希望をご記入ください。
詳細はホームページをご参照ください。要旨見本もダウンロードできます。
発表申込先 mtasabs@mse.waseda.ac.jp
ホームページ http://www.twics.com/~microtas
予稿原稿締切 8月2日(金)
予稿原稿 要旨提出後に、プログラム委員会において審査し、7月初旬までに採否をお知らせします。ちなみに、mTAS 2000の採択率は約60%、mTAS 2001の採択率は約80%でした。採択された方には、4ページの予稿を提出していただきます。予稿集は、mTAS 2002(ハードカバー)としてKluwer出版社から出版し、学会当日、登録者にお渡しします。
討論主題 (1)マイクロフリュイディクス(Fluid Dispensing, Fluid Mechanics and Modeling Tools, World-to-chip Interfacing)、 (2)MEMS技術(Micromachining Methods, Plastic Machining, Micropumps and Valves, Microfluidic Components)、(3)ナノテクノロジー(Nanofluidics Components, Nanoengineered Materials)、(4)材料(Surface Modification, Chemical and Biochemical Arrays, Iterfacial Characterization)、(5)応用(Clinical Diagnostics, Genomics and Proteomics, Environmental Assays, Separation Science, Cellular Analysis, Drug Discovery)、(6)検出技術(Micro-Optical Systems, Electrochemical Detection, Mass Spectrometry, Novel Quantification Strategies)、7)その他
展示 機器展示、カタログ展示(要項は事務局にお問い合わせください)
実行委員長 馬場嘉信(徳島大薬)、庄子習一(早稲田大理工)

連絡先 〒164-0012東京都中野区本町2-41-16-103 Micro TAS 2002事務局 TEL.03-3299-1371  FAX.03-3299-1361  E-mail : microtas@twics.com
email:microtas(at)twics.com
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.twics.com/~microtas


前のページに戻る