ニュース

分子研研究会「ナノ空間で光が織りなす分子操作・化学反応制御の新展開」

2020年11月12日 会合

主催:分子科学研究所、新学術領域研究「光圧によるナノ物質操作と秩序の創生」

日時:2020年12月04日(金)12:30 ~ 12月05日(土)12:30
場所:Zoomを用いたオンライン開催

内容・概要:
この度、2020年度分子研研究会を分子科学研究所と新学術領域「光圧ナノ物質操作」との共催で開催することとなりました。
本会はコロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、オンライン形態にて開催致します。
皆様におかれましてはご多用中かと存じますが、奮ってご参加頂けますと幸いです。

参加希望者は11月27日(金)までに
ご氏名、ご所属・身分、メールアドレスを以下の連絡先にまでお知らせください。
申込先:nanophoto2020(at)ims.ac.jp
件名:「分子研研究会 nanophoto2020 参加申込」

以下本会概要になります。

【開催概要】
本研究会では、ナノフォトニクス技術や局在表面プラズモン共鳴の励起によって実現する「ナノの光源」で照らされた物質を対象とし、それにより発現する力学的作用や特異励起状態、共鳴状態を利用した新規分子操作・化学反応制御手法の実現に向けて、多様な研究分野で活躍する若手研究者による研究紹介・討論の場を提供する。本会の実施によって、多角的な視点に基づく議論が可能となる。非常に多岐に渡る研究分野における最先端技術の紹介を通じて、光と分子の相互作用に関する異分野の知見を融合し、分野全体の発展が期待されると同時に、共同研究へと発展する可能性を期待する。

【定員】約 100 名

【参加費】無料

【URL】https://www.ims.ac.jp/research/seminar/2020/10/21_4824.html

【参加申込・期日】
必要事項:
 氏名
 所属・身分
 電子メール
申込先:nanophoto2020(at)ims.ac.jp
件名:「分子研研究会 nanophoto2020 参加申込」

【プログラム】
上記URLをご参照ください

【共催・協賛】
共催:分子科学研究所、新学術領域「光圧ナノ物質操作」
協賛:分子科学研究所メゾスコピック計測研究センター

【問合せ先】
北海道大学大学院理学研究院 南本大穂 [ e-mail: minamimoto(at)sci.hokudai.ac.jp ]

【世話人】南本大穂(代表)(北海道大学)、細川千絵(大阪市立大学)、蓑輪陽介(大阪大学)、東海林竜也(神奈川大学)

迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)


前のページに戻る