ニュース

大阪大学 蛋白質研究所 蛋白質解析先端研究センター 教授 公募

2018年07月27日 公募

公募する教員 :教授1名

研究分野:蛋白質研究所では、蛋白質の構造や機能を理解するために様々な視点や方法論によって独創性豊かな生命科学研究を展開しています。また、本研究所は蛋 白質研究共同利用・共同研究拠点に指定されており、幅広く生命科学コミュニティーに貢献しています。蛋白質解析先端研究センターでは、大型機器を共同 利用に供すると共に蛋白質の先端的な構造解析法を研究し、蛋白質立体構造データバンク(Protein Data Bank)を構築するために日本蛋白質構造データバンク (Protein Data Bank Japan: PDBj)を運営しています。今回、これら蛋白質研究 をさらに推進・発展させるため、共同利用・共同研究拠点活動を積極的に推進し、学部・大学院における教育と若手研究者の育成に意欲的に貢献して、国際的に活躍できる教授1名を新たに募集します。特に本公募では、バイオインフォマティクス・計算科学分野において新たな研究領域を開拓でき、着任後はPDBjの運営にも積極的に協力して頂ける人材を募集します。

任務:
(1) 上記研究の遂行
(2) 共同利用・共同研究拠点としての業務の遂行
(3) 理学研究科/生命機能研究科の大学院生および理学部学部生の指導
(4) その他、研究所あるいは大学全般にわたる所要の業務遂行

着任時期:原則として2019年4月1日

応募要領:
(1)必要書類(重要論文を除く以下の書類①から⑥の書類を1つのPDFファイ ル(通しのページ数を振ること)にして、重要論文5報のPDFファイルとともに、CD/DVD、USBメモリなどの電子媒体に保存し、下記に送付してください)
①履歴書(蛋白研様式、以下のサイトからダウンロードのこと) 1通
 履歴書様式(Wordファイル)
②業績目録(原著論文と総説—注1、招待講演、受賞歴、引用指標[h 指標な ど]—注2) 1通
③研究費の獲得状況(過去10年) 1通
④重要論文(5編以内、PDF ファイルを電子ファイルして提出)とその要旨
(関連分野などでの意義、位置づけを中心に各400字程度) 1セット
⑤これまでの研究概要、今後の研究展望、共同利用・共同研究・教育の抱負
(3項目で計6枚程度) 1通
⑥候補者のことを直接良く知る方2名以上の照会先(氏名、所属、職、連絡先) 1通
(選考の途上で、上記の方に推薦書をお願いすることや照会させていただく場合があります。推薦書が頂けない場合は候補から外れる可能性があります。)

注1:著者名、論文名、雑誌名、巻、ページ数、発行年は記載してください。著者名のうち応募者にアンダーラインするとともに、責任著者・equal contributionなどにマークを入れてください。また、重要と考える5編の 論文の先頭に○印をつけてください。全ての論文には、末尾に提出日直近 の評価で Citation Index(CI=引用数)を記載してください。原著論文は 出版されたもの、あるいは受理されたもののみとし、出版前の論文には受理されたことを示すメールの写しなどを添付してください。 招待講演はご自身が講演したもののみについて、会議名、講演タイトル、場所、年月日を記述してください。

注2:引用指標[h指標など]はGoogle Scholarに登録してマイアカウントを 作成して頂き、My Citationの中でご自身の論文を整理して頂いた後、右上に出て来るものです。引用数、h指標、i10指標が、すべて、および2010年 以降のカテゴリーで数値が出て来ていますので、それを記載してください。

(2)応募締切日 2018年10月1日(月)必着
(3)応募書類の提出先 〒565-0871 吹田市山田丘 3-2
大阪大学蛋白質研究所 庶務係長宛 Tel 06-6879-8594
(封筒に「蛋白研教授応募書類在中」と朱書し、簡易書留などで送付のこと。)

労働条件等 :
(1)任期 なし
(2)試用期間 6か月
(3)就業場所 吹田キャンパス(大阪大学吹田市山田丘3-2)
(4)勤務形態 国立大学法人大阪大学教職員の労働時間、休日及び休暇等に関 する規程による ※専門業務型裁量労働制適用(みなし労働時間:1日8時間)
(5)給与 国立大学法人大阪大学年俸制教職員給与規程による なお、採用にあたっては基本的に年俸制適用となりますが、前職から退職手当の通算期間を引継げる場合は月給制の選択も可能です。その場合は、国立大学法人大阪大学教職員給与規程による
(6)保険 文部科学省共済組合、雇用保険、労働者災害補償保険に加入

附記事項:
(1)蛋白質研究所ではPI(Principal Investigator)制度を導入しています。 着任後は独立した研究室を開設、運営していただきます。採用後、少なくとも助教1名の採用が可能です。
(2)応募書類に記載された個人情報は、当該選考および採用後の人事等の手続きを行う目的で利用するものであり、この目的以外で利用または提供することはありません。また、応募書類は選考後、適切に廃棄処分し返却いたしません。

本件に関する問合せ先:
大阪大学蛋白質研究所 蛋白質解析先端研究センター教授選考委員会 委員長 篠原 彰
Tel: 06-6879-8624email:ashino(at)protein.osaka-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)


前のページに戻る