ニュース

2018年06月14日 掲載 (Published 06/14/2018)


第622回高崎研オープンセミナー「みんな知りたい!最先端の”診る”と”治す”」

主催:(国)量子科学技術研究開発機構・量子ビーム科学研究部門・高崎量子応用研究所

日時:2018年7月3日(火)15時~
場所:(国)量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所
   〒370-1292 群馬県高崎市綿貫町1233

内容・概要:
○MRIによる「診ながら治療」を目指して
量研 量子MRI研究グループ グループリーダー
量研 放医研 分子イメージング診断治療研究部 チームリーダー
青木伊知男
・本講演では、磁気とFMラジオ電波を使って体内の様子を観察するMRIの最新技術と、ナノ粒子にいろいろな機能を加えた先端的な「ナノマシン」を組み合わせて、生体内を詳細に見ながら、狙った場所で薬を放出したり、がんの情報を集めたりする技術開発についてご紹介します。

○炭素線治療のこれまでとこれから ~治療効果を科学する~
量研 放医研 加速器工学部 粒子線照射効果研究チーム チームリーダー
松藤成弘
・本講演では放医研での炭素線治療の現状に加え、研究を通じて明らかになってきた炭素線治療の生物・臨床的な特徴をご紹介します。

開催場所・聴講の申込方法など詳細は、以下のHPをご覧ください。
http://www.taka.qst.go.jp/information/index_j.php#
参加は無料です。

連絡先:
〒370-1292 群馬県高崎市綿貫町1233 
(国)量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 高崎量子応用研究所
TEL.FAX.:027-346-9232

email:taka-soumu(at)qst.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)