ニュース

2017年05月25日 掲載 (Published 05/25/2017)


NII学術情報基盤オープンフォーラム2017 21st Century Academic Information Infrastructure for Advancing Open Science -共に考え共に創る学術情報基盤を-

日時:2017年6月7日(水)~9日(金)10:00~17:00
(開始時間,終了時間は日によって異なります)
場所:学術総合センター(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

参加費:無料

参加お申込み・詳細:http://www.nii.ac.jp/csi/openforum2017/

【プログラムの概要】

■6/7(水)13:00-17:00 リポジトリトラック
学術機関リポジトリの最新動向
-オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)の取組み-

2016年7月にリポジトリの新しいコミュニティであるオープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)が誕生しました。
本セッションでは,JPCOARの詳細,学術機関リポジトリをとりまく状況,JPCOAR作業部会・タスクフォースの活動成果など,JPCOARの取組みについて,機関リポジトリの実務担当者をはじめ関係される方々を対象に,分かりやすくご紹介します。

■6/8(木)10:00-14:30 コンテンツトラック
これからの学術情報システムは何を目指すのか
:所蔵目録から情報資源の発見とアクセスへ

コンテンツの形態や粒度の多様化,爆発的な量的拡大の中で学術情報の基盤である学術情報システムは変革を迫られています。
本セッションでは,「これからの学術情報システム委員会」の取組として,NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化と電子リソース管理の検討状況を紹介した上で,参加者の皆様との忌憚のない意見交換を行いたいと思います。

■6/9(金)10:00-12:00 セキュリティトラック
「橋渡し人材の育成に向けて」
-国内サイバーセキュリティ全体の底上げをめざして-

本セッションでは,NIIが行う「大学間連携に基づく情報セキュリティ体制の基盤構築」事業において平成29(2017)年7月から本格的にスタートする「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」について,3月からの試行運用の状況などを踏まえ,大学間連携に基づいたサイバーセキュリティ人材育成の在り方やサイバー攻撃情報共有の在り方などを,参加者の皆様とパネルディスカッションなどにより議論します。
学術情報基盤,学術情報サービスについて皆様方と共に考え,共に創っていくまたとない機会と存じます。
多数の皆様のご来場をお待ちしております。

なお,6月9日(金)~10日(土)はオープンハウスも開催いたします。
情報学研究の最前線を知ることのできるポスター展示,デモ,講演を用意しております。

【6月9日(金)~10日(土)】NIIオープンハウス
http://www.nii.ac.jp/openhouse/

連絡先:
国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課
支援チーム SPARC担当
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
FAX:03-4212-2375

email:co_sparc_all(at)nii.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.nii.ac.jp/csi/openforum2017/