ニュース

2017年03月13日 掲載 (Published 03/13/2017)


第1回量子生命科学研究会

主催:量子科学技術研究開発機構(QST)
後援:文部科学省、応用物理学会、日本癌学会、日本環境変異原学会、日本酸化ストレス学会、日本生物物理学会、日本分子生物学会、日本放射線影響学会、日本放射線化学会、日本免疫学会(五十音順)

日時:2017年4月12日(水)
場所:国立大学法人東京大学山上会館(東京都文京区)

概要:最先端の量子技術あるいは量子科学の知見を総合的に利活用することにより、従来は不可能であった極微の空間・時間スケールにおける生命現象の予測・観察、超高感度での生体内部の温度・磁場等の計測や組織構造の画像化などを実現し、生命の本質に迫る学問分野―量子生命科学―の立ち上げを目指して、「第1回量子生命科学研究会」を開催いたします。

会長:平野俊夫 (量研機構 理事長)
プログラム委員:横谷明徳(量研機構)、菅野純夫(東京大学)、浜地格(京都大学)、三木邦夫(京都大学)他

参加費:無料
定員:定員70名

問い合わせ先:量研機構 経営企画部広報課
TEL: 043-206-3026

email:qls(at)qst.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.qst.go.jp/information/itemid049-001959.html