ニュース

2017年01月13日 掲載 (Published 01/13/2017)


第9回BKCバイオインフォマティクス研究会

日 時:2017年2月1日(水) 10時30分 ~ 17時00分

会 場:立命館大学びわこくさつキャンパス、コラーニングⅡ4階、CⅡ講義室
アクセス:JR南草津駅より近江鉄道バスにて20分

参 加 費:無料(事前登録不要)
http://www.ritsumei.ac.jp/ls/introduce/course/RITS_BioInfo2017.pdf

【プログラム】
10:30- 開会挨拶

10:35-「ビッグデータ・スパコンが拓く医療・創薬の未来」
 奥野 恭史 : 京都大学 大学院医学研究科 教授

11:25-「多剤排出トランスポーターAcrBの分子動力学シミュレーション」
 山根 努 : 横浜市立大学大学院生命医科学研究科 博士研究員

13:30-「バイオイメージ・インフォマティクスが可能にするデータ駆動バイオロジー」
 大浪 修一 : 理化学研究所生命システム研究センター チームリーダー

14:20-「エピジェネティクス:見えてきた細胞分化の分子機構」
 西川 建 : 国立遺伝学研究所 名誉教授

15:30-「膵β細胞における膜興奮性および細胞内[Ca2+]i制御機構の理論解析」
 竹田 有加里 : 立命館大学生命情報学科 特任助教

16:00-「光合成反応中心複合体に潜む構造機能相関の実験的探索」
 浅井 智広 : 立命館大学生命情報学科 助教

16:30-「創薬を見据えた3D?RISM理論の応用研究」
 杉田 昌岳 : 立命館大学生命情報学科 助教

17:00- 閉会挨拶

問い合わせ先:
立命館大学生命情報学科 学科長 伊藤將弘

email:maito(at)sk.ritsumei.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)