ニュース

2016年08月18日 掲載 (Published 08/18/2016)


構造生命科学データクラウドVaProS第7回利用講習会「VaProSを用いた立体構造モデリング入門」のご案内

主催:創薬等支援技術基盤プラットフォーム情報拠点
協力:愛媛大学プロテオサイエンスセンター、 日本蛋白質構造データバンクPDBj

創薬等情報拠点では、9月1日に愛媛大学にて、構造生命科学データクラウドVaProSのサービスとその活用法についてのPCを使った講習会を開催致します。
インフォマティクスや蛋白質立体構造データにご関心がある方の積極的なご参加をお待ちしております。

趣旨: 構造生命科学データクラウドVaProSは、研究対象のタンパク質について、立体構造情報、ゲノム情報、トランスクリプトーム、インタラクトームなどのデータベースを網羅横断的に調べ統合的に検証することで、未知なる生命現象解明のためのヒントを探り出すために開発されたデータベースです。講習会ではVaProSの使い方を、実際にPCを用いながらご紹介いたします。まず、VaProSの全体像を説明したあと、ホモロジー・モデリングの方法の説明、リガンド結合部位と多型情報のデータベースの紹介をご説明いたします。

http://legacy.pdbj.org/vapros/workshop_20160901.html

日時:2016年9月1日(木)13時00分~17時00分
場所:愛媛大学 城北キャンパス 学術支援センター・応用タンパク質研究部門4階 会議室

プログラム:
13:00 開会の挨拶 (由良 敬(お茶大・遺伝研))
13:05 VaProSの全体像 (由良 敬(お茶大・遺伝研))
13:50 分子ビューアUCSF Chimeraの使い方とホモロジー・モデリング (川端 猛(大阪大))
15:00 HOMCOSを用いた複合体立体構造の検索とモデリング (川端 猛(大阪大))
16:00 リガンド結合部位周辺に見られる多型情報の検索 (木下 賢吾(東北大))
16:15 質疑応答および自由検索

参加申し込み: 参加希望者は、以下のページから申し込みをしてください。
http://legacy.pdbj.org/vapros/workshop_20160901.html

PCについて: 各自でノートPCをご持参いただくようお願いいたします。無線LANが使用できるPCであれば、OSはWindowsでもMacでもかまいません。 また、講習で用いるUCSF ChimeraとModellerのプログラムを事前にインストールしておくようお願いいたします。 希望者にはPCの貸出(Windows 10)も行います。

締め切り:2016年8月31日(水)17時

連絡先:大阪大学 蛋白質研究所 川端 猛

email:kawabata(at)protein.osaka-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://legacy.pdbj.org/vapros/workshop_20160901.html