ニュース

2016年05月20日 掲載 (Published 05/20/2016)


東北大学大学院工学研究科 教授公募

公募人員:教授1名
所属:材料システム工学専攻 生体材料システム学講座 生体機能材料学分野
専門分野:有機・無機ナノ材料のハイブリッド化を利用した材料開発や新機能創出に関する教育と研究を行う。

応募資格:博士の学位を有し、当該分野の教育・研究に意欲があり、日本語と英語で講義のできる方

担当授業科目:
「学部」 高分子・生体物質の物理化学、材料科学総合学実験、材料科学総合学基盤研修、材料システム工学コース研修等
「大学院」 (前期)応用生体材料工学、生体複合機能界面工学、生体材料システム学セミナー、材料システム工学修士研修等(後期)生体材料システム学特別研修、材料システム工学博士研修等

任期:なし

公募締切:2016年8月31日(水)

着任時期:2017年4月1日(土)

提出書類:
(1) 履歴書
(2) 学位論文題目
(3) 研究業績概要(A4版2枚以内)と主要論文5編の別刷り(コピー可)
(4) 研究業績リスト(学術論文、参考論文、著書、特許(出願件数:申請中を含む、登録件数、主要特許10件前後のリスト(特許出願・公開・公告No、発明者氏名、発明題目))等)
(5) 獲得外部研究資金(科研費等)一覧(大学や公的な研究機関に所属の場合)
(6) 受賞
(7) 招待講演等
(8) 教育業績(担当科目等)
(9) 所属学会
(10) 学会活動歴(委員会等)
(11) 研究活動
(12) 社会活動等に関する一覧表
(13) 今後の研究計画(A4版2枚以内)
(14) 教育活動に関する抱負(A4版2枚以内)、
(15) 照会可能な方2名の氏名と連絡先(住所、電話、E-mail)
(16) 応募者の連絡先(住所、電話、E-mail)

(マテリアル・開発系のホームページ(http://www.material.tohoku.ac.jp/news/jobs.html)上に掲載した「公募提出書類作成の注意点」に留意して書類を作成すること)

書類送付先:
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
東北大学大学院工学研究科 マテリアル・開発系長 杉本 諭
電話:022-795-3785 FAX:022-795-3785
E-mail:depthead(at)material.tohoku.ac.jp

問い合せ先:
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
東北大学大学院工学研究科 材料システム工学専攻長 三原 毅
電話:022-795-7357 FAX:022-795-4298

※封筒に「教員公募(材料システム工学専攻 生体機能材料学分野 教授)」と朱書きし、郵送の場合は書留とすること。なお、応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。

東北大学は、男女共同参画を積極的に推進しています。子育て支援の詳細等、男女共同参画の取り組みについては下記URLをご覧ください。
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/danjyo/
また、東北大学工学系では、東北大学工学系女性研究者育成支援推進室(ALicE)を設置し、女性研究者の支援や男女共同参画を推進しています。詳しくは下記URLをご覧ください。
http://alice.eng.tohoku.ac.jp/

email:mihara(at)tohoku.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.material.tohoku.ac.jp/news/jobs.html