ニュース

2015年10月16日 掲載 (Published 10/16/2015)


CDB Symposium 2016 “Size in Development: Growth, Shape and Allometry” Registration is now open!

主催: 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
日時: 2016年3月28日(月)~30日(水)
場所: 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(兵庫県神戸市ポートアイランド)
言語: 英語
参加費: 無料(希望者のみ昼食代、懇親会費別途)
昼食代: 3,000円(3日間)
懇親会費: 一般5,000円/学生1,000円
参加登録/演題提出: ホームページより事前申登録(※聴講のみの方も必ず事前登録をお願いたします。)
締め切り: 2015年12月11日(金)
URL:http://www.cdb.riken.jp/sympo2016/

内容・概要:
個体サイズの制御は、発生過程における調節卵とスケーリング、成長過程における相対成長など、生物の形づくりに関する多くの重要な課題を提示してきました。一方、近年の発生生物学の進展に伴いサイズを支配する分子レベルの制御機構がようやく明らかにされつつあります。本シンポジウムでは、生物サイズを規定するしくみをミクロからマクロまでの視点で取り上げます。特に、細胞-組織-個体レベルでの成長制御、器官の形態形成、サイズ擾乱に対する相似性維持、 形と大きさの進化の問題などを取り上げ、「サイズ」という幾何学的な情報と生物の関係を包括的に再考し、生命現象の新たな切り口を模索してまいります。

トピックスとしては以下のものを予定しております。
(1) Growth Control、(2) Organ Size and Shape Control、(3) Scaling and Morphogenetic Control、(4) Allometry in Evolution

本会を活発な情報交換の場とするため、一般参加者によるポスター発表を募集しており、優秀な演題には口頭発表をお願いする予定です。また、海外からの参加者(大学院生、研究員)を対象としたTravel Fellowshipを用意し、国内外からの多数の参加をお待ちいたしております。

是非ご参加ください。

連絡先:
CDBシンポジウム2016事務局
国立研究開発法人 理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-2-3
TEL: 078-306-3010 / FAX: 078-306-3090


CDB Symposium 2016 “Size in Development: Growth, Shape and Allometry”
Registration is now open!

Date: March 28 (Mon.) – 30 (Wed.), 2016
Venue: RIKEN Center for Developmental Biology (CDB), Kobe, Japan
Participation fee: FREE (Lunch and Banquet fee required separately - optional)
Lunch: 3,000 JPY (3 days)
Banquet: 5,000 JPY (General) / 1,000 JPY (Student)
Registration deadline: Friday, December 11, 2015
URL: http://www.cdb.riken.jp/sympo2016/


For the CDB Symposium 2016, we plan to discuss the question of organismal size control. The size of animals and plants varies greatly among species, and sometimes within species as well. Despite this variability, individuals maintain remarkably constant shapes through the poorly understood process of scaling, and deviations in shape control often lead to pathological conditions. Furthermore, allometric conversion of organ shapes is a major driver of evolutionary diversification. Recent advances in the study of growth control and morphogen functions, as well as quantitative approaches of tissue shape control have brought us a fresh opportunity to revisit these long-standing questions.

The program of the 2016 CDB Symposium will feature presentations covering a broad range of topics, including (1) Growth Control, (2) Organ Size and Shape, (3) Scaling and Morphogenesis, (4) Evolution of Allometry.

We encourage the submission of abstracts for the poster session from many scientists to increase opportunities for lively and informative exchange of views. A small number of poster abstracts will be selected for oral presentations. A limited number of travel fellowships for graduate students and post-docs traveling to Japan will also be available.

We look forward to seeing you in Kobe, Japan in March 2016.

Contact:
RIKEN Center for Developmental Biology (CDB)
CDB Meeting Coordinators
2-2-3, Minatojima-minamimachi, Chuo-ku, Kobe 650-0047, Japan
TEL:+81-78-306-3010 / FAX:+81-78-306-3090

email:sympo2016(at)cdb.riken.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.cdb.riken.jp/sympo2016/