ニュース

2015年06月26日 掲載 (Published 06/26/2015)


第66回コロイドおよび界面化学討論会

主催:日本化学会 コロイドおよび界面化学部会
協賛:日本生物物理学会ほか

日時:2015年9月10日(木)〜12日(土)
場所:鹿児島大学郡元キャンパス(〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-30)

テーマ: 未来を拓くコロイド界面科学
コロイドおよび界面化学は身の回りの界面現象を明らかにすることから始まり、その基礎を物理化学におき、化学以外の生物学、農学、医学、薬学および環境科学や材料科学など多岐にわたる幅広い応用分野をもっている。最近になって先端機能材料分野での応用研究もめざましく、金ナノ粒子に代表されるナノ領域からたんぱく質に代表されるマクロ領域まで日進月歩の勢いで進展してきた。
 本討論会では、次世代のコロイドおよび界面化学分野の研究が、基礎および応用のすべての分野において今後どのように発展・展開し、新たな理論の創製および革新的な技術手法の開発を通して、学術研究のみならず産業や社会に今後如何に貢献していくのかについて討論できることを期待している。

※詳細は、本ページ最下部URLをご確認ください。

連絡先:
 〒101-8307 東京都千代田区神田駿河台1-5
 公益社団法人 日本化学会
 コロイドおよび界面化学部会担当 美園 康宏
 TEL:03-3292-6163 FAX:03-3292-6318

email:dcsc(at)chemistry.or.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://colloid.csj.jp/div_meeting/66th/