ニュース

2015年04月21日 掲載 (Published 04/21/2015)


分子研シンポジウム・分子研オープンキャンパス2015

主催:大学共同利用機関法人自然科学研究機構分子科学研究所

日時:2015年5月29-30日
場所:自然科学研究機構 岡崎カンファレンスセンター中会議室(愛知県岡崎市)

参加申込締切:
 2015年5月10日(日)
 参加者には一部旅費が援助されます。

概要:
 分子科学研究所において「分子研シンポジウム」および「分子研オープンキャンパス」
 を開催します。
 分子科学研究所は総合研究大学院大学(総研大)として博士課程の学生を受け入れて
 います。しかしながら、総研大の知名度が低いこともあり、例年、総研大への入学者
 は多くありません。本企画は、多くの学生に総研大および分子研を知ってもらい、総
 研大に入学してもらうことを狙いとしています。

プログラム:
 5月29日:分子研シンポジウム(分子研出身者による講演)
  唯 美津木(名古屋大学 教授)
  「固体高分子形燃料電池電極触媒の構造・動的挙動の可視化」
  森 健彦(東京工業大学 教授)
  「有機エレクトロニクスの科学」
  加藤 毅(東京大学 准教授)
  「強光子場中における原子・分子の動的な電子状態計算手法の開発」
  高田 彰二(京都大学 教授)
  「踊るたんぱく質と遺伝子:分子シミュレーションの世界」
  井村 考平(早稲田大学 教授)
  「近接場顕微分光法によるプラズモンの研究」

 5月30日:分子研オープンキャンパス(分子研・総研大説明会)
 ・分子科学研究所 概要説明(大峯 巖 所長)
 ・総合研究大学院大学 概要説明(横山 利彦 教授)
 ・分子研PIによる研究紹介
   正岡 重行(生命錯体 准教授)、柳井  毅(理論計算 准教授)、
   古谷 祐詞(生命錯体 准教授)、椴山 儀恵(生命錯体 准教授)、
   古賀 信康(協奏分子 准教授)、山本 浩史(協奏分子 教授)、
   飯野 亮太(統合バイオ 教授)
  ・研究室見学 概要説明(正岡 重行 准教授)
 ・研究室見学

※詳細は本ページ最下部URLよりご確認ください。

連絡先:
 分子科学研究所 飯野 亮太
 email:iino(at)ims.ac.jp
 迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。
  (Please use at sign instead of (at).)

 分子科学研究所 正岡 重行
 email:masaoka(at)ims.ac.jp
 迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。
  (Please use at sign instead of (at).)

URL:http://www.ims.ac.jp/education/opencampus.html