ニュース

2014年10月06日 掲載 (Published 10/06/2014)


2014年バイオスーパーコンピューティング・ソフト講習会

主催: 横浜市立大学
共催: 文部科学省 創薬等支援技術基盤プラットフォーム
後援: バイオスーパーコンピューティング研究会、
 理化学研究所 情報基盤センター、HPCI戦略プログラム 戦略分野1
 バイオグリッドセンター関西、都市活力研究所、
 産業技術総合研究所 ゲノム情報研究センター(CBRC)

日時: 2014年10月24日(金)13:30-17:00 (受付開始 13:00)
場所: 横浜市立大学 鶴見キャンパス 情報実習室(2階) 
地図URL  http://www.yokohama-cu.ac.jp/access/tsurumi_campusmap.html
  横浜市鶴見区末広町1-7-29

対象: MARBLE-Kを使って、生体分子のシミュレーションを始めたいとお考えの方

参加費: 無料 (※但し事前申込が必要です)

概要:
MARBLEは横浜市立大学大学院生命医科学研究科生命情報科学研究室で、池口満
徳准教授を中心に開発されたプログラムです。
次世代生命体統合シミュレーションソフトウェア研究開発プログラム(ISLiM,
URL: http://www.csrp.riken.jp)において、「京」コンピュータ用のプログラムMARBLE-Kとして開発・改良を行ったバージョンを現在公開しております。
公開URL: http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/bioinfo/marble/
このたび、MARBLE-Kの概要ならびにこれまで行われた研究の一端を紹介するとと
もに、実際にMARBLE-Kを使った分子シミュレーションを体験していただく利用講
習会を行います。すでに分子シミュレーションを行っている方から、これから生
体高分子の分子シミュレーションを行おうと思っている初心者の方まで、皆様方
の参加をお待ちしております。
<MARBLE-Kについて>  蛋白質を主体とした生体高分子の全原子分子動力学計
算に特化したシミュレーションプログラムです。X線・中性子溶液散乱、NMR、質
量分析等、各種構造生物学データを活用した生体分子構造機能解析を行うことを
目指して開発しました。

プログラム:  
 (1) MARBLE-Kの概要(池口満徳 准教授・横浜市立大学)
 (2) MARBLE-Kを用いた研究例(山根 努 横浜市立大学)
 (3) MARBLEによる分子動力学シミュレーションの実習

定員: 10名程度

申込締切り: 2014年10月22日(金) (但し定員になり次第、締切りとなります)

参加申し込み書: 以下の情報をご記入の上、E-mailでお申し込み下さい。
 - 件名: MARBLE-K 利用講習会の申込み
 - ご所属:
 - 部署名:
 - お名前:
 - E-mail:
 - 住所:

問合せ・申込み先: E-mail: marble-lec@tsurumi.yokohama-cu.ac.jp

注意事項:
本講習会では横浜市立大学 情報実習室の実習用PCを使用します。受講者のPC持
参は不要です。また受講者持参のPCは利用できません。

email:marble-lec(at)tsurumi.yokohama-cu.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.csrp.riken.jp/2014/islim-seminar1024.html