ニュース

2014年05月26日 掲載 (Published 05/26/2014)


バイオインフォマティクス人材育成カリキュラム(次世代シークエンサ)速習コース

主催:
 科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)
 東京大学アグリバイオインフォマティクス教育研究ユニット

共催:
 HPCI戦略プログラム分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」人材養成
 プログラム(産総研 ゲノム情報研究センター)

世話人:
 藤 博幸(産業技術総合研究所ゲノム情報研究センター(CBRC)/NBDC運営委員会人材
     育成分科会主査)
 門田 幸二(東京大学大学院農学生命科学研究科アグリバイオインフォマティクス
      教育研究プログラム)

日時:2014年9月1日(月)~12日(金)、土日除く10:30-18:15(予定)
場所:東京大学農学部2号館2階第1講義室

趣旨:
 ライフサイエンス分野の研究現場においては、莫大・多様な研究データが産出され、
 取り扱うデータ量が飛躍的に増えています。一方で、それらのデータを整備・活用す
 るための人材は不足している状況です。 このような研究現場の状況を踏まえ、NBDC
 運営委員会人材育成分科会において、研究データを整備・活用するバイオインフォマ
 ティクス人材を育成するためのカリキュラムが 策定されました。 今回のカリキュラ
 ムは対応が急務であると思われる次世代シークエンサ(NGS)データに焦点を当てた
 内容となっており、最低限必要とされる知識・技術を2 週間程度で身につけることを
 想定した「速習」と、時間をかけて習得することを想定した「速習以外」に分かれて
 います。 このカリキュラムに基づき、上記日程で2週間にわたる「速習」コースを試
 行的に開催し、受講者とオブザーバー(TA)を募集します。

定員:
 30名程度(応募者多数の場合、最大80名程度まで)
 ※応募者多数の場合、同一研究室からのお申込みは調整させていただく場合があります。
(※上記定員とは別にオブザーバー(TA)としての参加も募集します。)

募集受付期間:
 全日程受講申込:2014年6月2日(月)11時00分~6月30日 10時00分
 一部日程受講申込:2014年7月1日(火)11時00分~7月31日 10時00分
 TA参加申込:2014年6月2日(月)11時00分~7月31日 10時00分
 ※全日程への参加が難しいことが予め分かっている場合は、一部日程受講申込より受
  講を希望される項目のみお申し込みください。
 ※定員に空きがある場合、募集期間を延長することがあります。

※講義日程や詳細につきましては下記URLをご覧下さい。

連絡先:
 バイオインフォマティクス人材育成カリキュラム(次世代シークエンサ)速習コース事務局

email:nbdc-tutorial-ml(at)aist.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://events.biosciencedbc.jp/training/ajacs47