ニュース

2014年03月05日 掲載 (Published 03/05/2014)


千里ライフサイエンス技術講習会(第61回)「”CRISPR/Casシステム”によるマウスゲノム編集」

主催:公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団
協賛:オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社、NPO法人 発生工学研究会

日時:2014年6月5日(木)10:00~17:00
場所:(講義)千里ライフサイエンスビル5F 501-503号室
   (実習)大阪大学 微生物病研究所 最先端感染症研究棟2階

趣旨:
 ES細胞での相同組み換えによる標的遺伝子破壊(ノックアウト)マウスが報告されて
 から四半世紀が経とうとしている。以降、ノックアウトマウスを用いた個体レベルで
 の遺伝子機能解析は、生命科学研究において欠かすことのできない手法の一つとなっ
 ているが、従来法ではターゲティングベクターの構築や、ES細胞の培養と相同組み換
 えクローンの選別、キメラ動物の作製と生殖系列寄与の確認など、高度な技術に加え
 て、時間、労力、コストのかかる難点があった。そのような中、近年の人工制限酵素
 を用いたゲノム編集技術が大きなブレイクスルーをもたらしている。中でもCRISPR/
 Casシステムは、細胞レベルであれば素人でも簡単にデザイン、実験できるツールと
 なっており、またその延長として最短1ヶ月でノックアウトマウスも作製できる。今
 回は、座学講習会ではゲノム編集技術の最先端を、技術講習会では、標的配列の選び
 方やデザイン、細胞での切断効率の評価、受精卵注入によるノックアウトマウス作製
 について講習する。

コーディネーター:大阪大学微生物病研究所 教授 伊川 正人

プログラム:
講義(午前): 10時~12時
 1) ゲノム編集の基礎と国内外研究動向
 講師 広島大学大学院理学研究科・数理分子生命理学専攻 特任助教 佐久間 哲史
 2)マウスゲノム編集と今後の課題
 講師 大阪大学微生物病研究所・附属感染動物実験施設 教授 伊川 正人
実習(午後): 14時~17時
 1)遺伝子破壊用gRNAのデザインとin silico オフターゲット検索
 2)受精卵前核へのマイクロインジェクション
 講師 大阪大学微生物病研究所・附属感染動物実験施設 助教 佐藤 裕公
 講師 大阪大学微生物病研究所・遺伝子機能解析分野 助教 藤原 祥高
 アシスタント 大阪大学大学院・医学系研究科 大学院生 増子 大輔

参加費(定員)
 講義のみ:1,000円(40名)、講義と実習:5,000円(10名)

申込方法:
 ①氏名、勤務先、所属、役職名、〒、所在地、電話、FAX 番号に、志望動機(300字
  程度まで)を添えて、 E-mail で(下記アドレスまで)お申込みください。   
  定員超の参加希望があれば調整をさせていただきます。なお、10名の枠から外れて
  も講義のみで受講の希望がある場合は、「講義のみでも受講を希望」と記載ください
  (記載がない場合、希望なしとして扱います)。最初から講義のみの参加を希望され
  る方(志望動機は不要)は、10名の枠から外れ講義のみでも参加を希望された方が40
  名に満たない場合に先着順で受け付けます。
 ②申込締切後、事務局より受付の通知・参加費振込みの案内をお送りいたします。
 ③入金を確認次第、領収書兼参加証をお送りいたします。

申込締切:4月18日(金)(財団必着)。

※技術講習会の詳細につきましては下記Web siteをご覧ください。

申込先:
 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団 技術講習会G61係
 TEL:06-6873-2001

email:tkd(at)senri-life.or.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.senri-life.or.jp/gijyutsukosyukai/gijyutsukosyukai.html