ニュース

2013年12月30日 掲載 (Published 12/30/2013)


世界結晶年(IYCr2014)オープニングシンポジウム

主催:
 日本学術会議化学委員会IUCr分科会
 日本学術会議化学委員会・物理学委員会合同結晶学分科会

共催:
 世界結晶年日本委員会、日本結晶学会、日本結晶成長学会

賛同学協会:
 35学協会(平成2013年10月1日現在)

日時:2014年1月23日(木)13:00 ~17:00
場所:日本学術会議講堂  

開催趣旨 :
 2012年7月の国連決議に基づく「世界結晶年」(IYCr2014)のはじまりにあたり、
 世の中の物質の性質の理解は結晶学の知識の上に成り立ち、学術研究のみならず、
 ナノテクノロジーからバイオテクノロジーまで産業界発展の支えている結晶学の
 重要性を社会にひろく伝える。

プログラム:
 13:00-13:15 開会挨拶「世界結晶年2014を迎えて」 
 飯島 澄男*(日本学術会議連携会員、名城大学大学院理工学研究科教授、日本結晶
 年2014日本委員会委員長) 
 13:15-13:30 「世界結晶年への期待」
 大西  隆(日本学術会議会長、慶應義塾大学大学院政策メディア研究科特別招聘教授)
[科学講演]
 13:30-14:05 「高温超伝導の発見と結晶学が果たした役割」
 秋光 純*(日本学術会議連携会員、青山学院大学理工学部教授)
 14:05-14:40 「光に応答する分子結晶」
 入江 正浩*(日本学術会議連携会員、立教大学理学部特任教授)
 14:40-15:00  休憩
 15:00-15:35 「氷の新しい融け方を発見:ゼロ度以下で現れる2種類の液体に
          ついて」
 佐崎 元(北海道大学大学院教授)
 15:35-16:10 「地球深部物質の結晶構造」
 廣瀬 敬(東京工業大学大学院教授)
 16:10-16:45 「ヒトの分子レベルからの理解と創薬を目指す結晶学」
 藤吉 好則(日本学術会議第二部会員、名古屋大学細胞生理学研 究センター教授)
 16:45~16:55 閉会挨拶
 栗原 和枝(日本学術会議第三部会員、東北大学原子分子材料科学高等研究機構教授)

連絡先:
 世界結晶年 日本委員会 事務局
 〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター 
 日本結晶学会事務局内
 TEL : 03-5389-6372 FAX : 03-3368-2822

email:secretariat(at)iycr2014.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.iycr2014.jp

本ニュースの添付書類 (The attachment link.)