ニュース

2013年11月11日 掲載 (Published 11/11/2013)


千里ライフサイエンスセミナーE5 「生命科学・医薬研究を拓くマイクロRNAの研究最前線」

主催:公益財団法人 千里ライフサイエンス振興財団

日時:2014年2月21日(金)10:00~17:00
場所:千里ライフサイエンスセンタービル 5Fライフホール

コーディネーター:
 ・大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室・教授      古川 貴久
 ・大阪大学大学院医学系研究科 遺伝子機能制御学・准教授  河原 行郎

趣旨:
 近年注目されているマイクロRNA(microRNA)は、蛋白質をコードしない約20塩基の
 機能性1本鎖RNAであり、イントロンや従来は遺伝子として認識されなかったゲノム
 上の領域から産生される。
 現在ヒトにおいては2000種類程度のマイクロRNAが同定されている。マイクロRNA
 は自身の配列と相補的な配列を持つ標的mRNAの翻訳や安定性を抑制することにより、
 発生、細胞増殖、老化、代謝、ウイルス耐性など様々な生体過程を制御している。
 さらに、癌、心血管疾患、糖尿病、精神・神経変性疾患を含む多岐にわたる様々な
 ヒト疾患の発症においてもマイクロRNAの関与が示唆されており、その重要性が広く
 認識されつつある。したがって、生物の多様な生命現象の解明とその異常によるヒト
 疾患の解明や治療を目指す上で、マイクロRNAによる生体機能制御は欠くことのでき
 ない新たなキーポイントとなっている。本セミナーでは、様々な分野でマイクロRNA
 を研究する講師より基礎生命科学から疾患との関連、創薬、治療への応用まで広く
 カバーするトピックについて紹介いただき、マイクロRNA研究の最前線とその応用へ
 の可能性について理解を深めたい。

プログラム:
 10:05-10:15 はじめに 
  大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室・教授  古川 貴久
 10:15-10:55  RNAサイレンシングの生化学
  東京大学分子細胞生物学研究所 RNA機能分野・教授  泊 幸秀
 10:55-11:35 RNA階層における炎症制御機構の解明
  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 システム発生・再生医学研究分野・教授
  浅原 弘嗣              
 −昼 食−
 13:00-13:40 中枢神経系特異的マイクロRNA-124aによる精神神経機能制御
  大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室・教授  古川 貴久
 13:40-14:20 分泌型microRNAの生物学的意義とLiquid biopsy への応用
  独立行政法人 国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野・分野長   
  落谷 孝広
 −休 憩−
 14:40-15:20 核酸創薬を目指した人工核酸の開発研究
  大阪大学大学院薬学研究科 生物有機化学分野・教授  小比賀 聡
 15:20-16:00 マイクロRNA-33a/bによる脂質代謝制御機構
  京都大学大学院医学研究科循環器内科・講師  尾野 亘
 16:00-16:40 神経変性疾患のdisease-modifying therapyへの展望:マイクロ
         RNAを含めて
  名古屋大学大学院医学系研究科神経内科・教授  祖父江 元
 16:40-17:00 終わりに
  大阪大学大学院医学系研究科 遺伝子機能制御学・准教授  河原 行郎

参加費:無料
定員:200名(定員になり次第締切)  

申込方法: 
1)氏名、勤務先、〒所在地、所属、電話番号を明記の上、E-mailでお申込ください。
2)事務局より送付する参加証(E-mail)をセミナー開催当日に受付でご提示ください。

※詳細はHP(本ページ最下部URL)をご参照ください。

申込先:
 公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団 セミナーE5担当 谷山 佳央
 TEL:06-6873-2001 FAX:06-6873-2002

email:tkd(at)senri-life.or.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.senri-life.or.jp/