ニュース

2013年10月02日 掲載 (Published 10/02/2013)


2014A期におけるSACLA共用ビームライン 利用研究課題の募集

平成24年3月より開始された、独立行政法人理化学研究所のX線自由電子レーザー施設 SACLA において、JASRIは以下の要領で、第5回目の利用期となる2014A期(平成26年3月〜平成26年7月実施予定)のSACLA共用ビームライン利用研究課題の募集を行います。

募集する課題の種類:
 SACLAの利用研究課題は、重点戦略課題と一般課題に分類されます。
 重点戦略課題においては、平成24年度に開始されました文部科学省委託事業「X線自
 由電子レーザー重点戦略研究課題」に係る利用研究課題も2012B期より含まれており
 ます。

応募資格:
 基本的に制限はありませんが、海外の機関に所属する方、学生の方はHPの注意事項に
 ご留意ください。

利用できるビームライン・装置等:
 利用可能なビームラインは共用BL3(XFELビームライン)及び共用BL1(広帯域自発放
 射ビームライン)の2本、利用可能な装置は、これらビームラインに設置された実験装
 置等です。詳細はHPの「ビームライン情報」をご覧ください。
 なお、SACLAでは実験装置等整備・立ち上げを継続的に行っているため、実験装置等
 の情報は随時更新されますので、ご留意ください。

利用期間:
 2014A期は平成26年3月より平成26年7月(予定。この間の施設メンテナンスによる
 調整期間等を除く)において、当該期間中の施設運転を24時間連続で行い、利用時間
 (ビームタイム)を利用者へ提供します。また、課題ごとのSACLAのビームタイム配
 分は、基本的にシフト単位(1シフト=12時間)となります。
 なお、予算状況等により利用期間が変更になる場合がありますので、予めご了承くだ
 さい。

利用に係る料金:
・ビーム使用料
 2014A期で募集する「成果非専有利用」は、ビーム使用料は免除されます。なお、
 2014A期においては、「成果専有利用」(ビーム使用料を要する利用)の募集はあり
 ません。

・消耗品の実費相当の負担
 利用実験においてビームライン実験ハッチにて使用する消耗品の実費(定額分及び従量
 分の2種類あり)相当を、全ての利用者にご負担いただきます。

応募に必要な手続き及び注意事項等:
 課題応募(課題の申請)は、SACLA UIサイト(SACLA User Information Website)
 を利用して申請を行っていただきます。

募集締切:
 2013年11月15日(金)午前10時 JST(申請書類の提出完了時刻)
 電子申請システムの動作確認はしておりますが、予期せぬ動作不良等の発生も考えられ
 ます。申請書の作成(入力)は時間的余裕をもって行っていただきますようお願いいた
 します。

※詳細はHPをご確認ください。

お問い合わせ・ご相談先:
【利用制度その他全般に関するお問い合わせ・ご相談】
 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) 利用業務部
 TEL:0791-58-0961 FAX:0791-58-0965
 email:sacla.jasri(at)spring8.or.jp
 迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。
  (Please use at sign instead of (at).)

【利用研究に係る技術的お問い合わせ・ご相談】
 〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
 公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI) XFEL研究推進室
 email:sacla-bl.jasri(at)spring8.or.jp
 迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。
 (Please use at sign instead of (at).)

URL:http://sacla.xfel.jp/?p=1517