ニュース

2013年04月18日 掲載 (Published 04/18/2013)


新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」公開講座・公開シンポジウム

新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」がこの3月で5年の期間を終了
いたしました。これまでにいただきました皆様からのご厚情に心から感謝申し上げます。
そこで終了を機に、公開講座と公開シンポジウムを下記の通り開催いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
公開講座「生命のエネルギー物質ATPとは何か?」

日時:2013年5月21日(火)17:30 - 19:30
場所:品川(京都大学東京オフィス)  
   http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.htm

講師:松林伸幸(京都大学)、鈴木 誠(東北大学)

参加申込方法:
 東北大加藤(下記連絡先メールアドレス)までお願いします。
 直前まで受け付けますが人数把握のためご連絡ください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」終了公開シンポジウム

日時:2013年5月22日(水)9:00〜17:00
場所:KKRホテル東京
   http://www.kkr-hotel-tokyo.gr.jp/

プログラム:
 8:30 ~ 受付
 9:00  開会のあいさつ 鈴木 誠(領域代表:東北大学)
 9:05-10:20 各25分(5分討論を含む)
 「量子化学と統計力学によるATP加水分解の自由エネルギー解析」
  高橋英明(東北大学)
 「ATPと水の役割からみたABCトランスポーターの機能発現機構」
  櫻井実(東京工業大学)
 「F1-ATPaseモーターによるATPエネルギー変換」
  宗行英朗(中央大学)

 Break 10’

 10:30 – 11:20 Poster Preview  各2分

 11:20-12:00
 「ATP系およびタンパク質系に対する溶媒和効果の全原子自由エネルギー解析」
  松林伸幸(A01班長、京都大学)

 Lunch time

13:00 – 14:20
 「生体系における自己組織化およびATP駆動蛋白質機能発現の統一的理解」
  木下正弘(A02班長、京都大学)
 「ATP駆動タンパク質周りの水の変化とエネルギー論」
  鈴木 誠(A03班長、東北大学)

 14:20 – 15:40 Poster Session

 15:40-16:55 各25分(5分討論含む)
 「アクトミオシンモーターの1分子計測から観たATPエネルギー変換と共溶媒の効果」
  岩城光宏(理研生命システム研究センター)
 「Pループ型ATP加水分解酵素の分子シミュレーション」
  池口満徳(横浜市立大学)
 「極限環境微生物から学ぶ蛋白質、水、ATPの関係」
  三本木至宏(広島大学)

 Closing 鈴木 誠(領域代表)

 17:15-19:15 懇親会(12Fうたげ)


参加申込方法:
 東北大加藤(下記連絡先メールアドレス)までお願いします。
 なお、懇親会(参加費6000円)の申込締切は4月30日となります。

連絡先:
 新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」
 領域代表 鈴木 誠(秘書:加藤)
 〒980-8579  宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02
 東北大学大学院工学研究科 材料システム工学専攻
 TEL:022-795-7303

email:saorin(at)material.tohoku.ac.jp 
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)