ニュース

2013年04月03日 掲載 (Published 04/03/2013)


千里ライフサイエンスセミナーE2〈エピジェネティクス制御からの生命活動の理解とその展望〉

主催:公益財団法人 千里ライフサイエンス振興財団

日時:2013年7月4日(木)10:00~17:00
場所:千里ライフサイエンスセンタービル 5F ライフホール
  (地下鉄御堂筋線千里中央駅 北口すぐ)

参加費:無料
定員:200名(定員になり次第締切ります)

申込方法:
 氏名・勤務先・所属・役職名・〒・所在地・電話を明記の上、E-mailでお申し込み
 ください(FAXによるお申込みも可)。事務局より「参加証」をお送りいたします。

趣旨:
 あらゆる生命現象はゲノム情報に規定されているが、このゲノム情報が適切に取り
 出され使われることで始めて、生命機能は本来の役割を発揮する。このゲノム情報
 の活用を司るのが、エピジェネティクス制御系である。エピジェネティクス制御系
 の理解が進み、それを調節することが可能になれば、これまで理解が困難であった
 多くの生命現象や疾患も説明できるようになると考えられ、新たな治療法の開発に
 もつながると期待される。
 このシンポジウムでは、エピジェネティクス制御の観点から生命現象を理解する上
 で必須なエピゲノム解析技術、エピジェネティクス制御機構の構造学的理解、エピ
 ゲノム情報を制御するような創薬への試み、生命現象や疾患はどこまでエピジェネ
 ティクス制御の観点から理解できるようになったのか、などに関する最新の話題を
 提供し、エピエネティクス制御研究の展望に関して参加者と議論したい。

コーディネーター:
 眞貝洋一(理化学研究所 主任研究員)
 木村 宏(大阪大学大学院生命機能研究科 准教授)

演題および演者:
「修飾ヒストン抗体を用いたエピゲノム解析の最新技術」  
木村 宏(大阪大学大学院生命機能研究科 准教授)

「細胞分化における高次クロマチン構造制御機構」
大川恭行(九州大学大学院医学研究院 准教授)

「エピジェネティック制御の構造基盤」
有吉眞理子(京都大学物質細胞統合システム拠点 特任准教授)

「化学遺伝学によるエピジェネティクス研究」    
吉田 稔(理化学研究所 主任研究員)

「エピジェネティクス異常、特にDNAメチル化異常と発がん」
金田篤史(東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授)

「生殖細胞発生機構の解明とその試験管内再構成」
斎藤通紀(京都大学大学院医学研究科 教授)


申込先・連絡先:
 セミナーE2事務局
 TEL:06-6873-2001 FAX:06-6873-2002

email:dsp(at)senri-life.or.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)