ニュース

2013年03月15日 掲載 (Published 03/15/2013)


JST 日本-ベトナム-フィリピン共同研究課題「感染症」募集(締切延長)

このたびJSTでは、ベトナムの科学技術省(MOST)およびフィリピンの科学技術省
(DOST)と協力して、日本-ベトナム-フィリピン3カ国間の共同研究(日本-相手
国の研究者の派遣・招聘やシンポジウム・セミナー等の開催を含みます)を支援する
以下の事業の課題募集を開始しました。

採択された場合、日本側の研究代表者にはJSTから3年間で1,950万円~3,600万円程度
(間接経費含む)の支援がなされます。

詳細につきましては募集ホームページをご覧ください。


募集分野:
 「感染症」
 今回の公募では、感染症分野のうち、以下の疾病の疫学、ワクチン開発、薬剤耐性
 等の研究に重点を置きます。

 ・デング熱(早期警戒システムを含む)
 ・マラリア
 ・インフルエンザ
 ・結核
 ・レプトスピラ症

応募締切:
 2013年4月5日(金)午後5時

連絡先:
 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
 国際科学技術部
 担当:ガッズデン、金子、宇佐見
 TEL:03-5214-7375

email:easiajrp(at)jst.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_easia_jrp_2nd.html