ニュース

2013年02月12日 掲載 (Published 02/12/2013)


第58回低温生物工学会セミナー「氷核に関わる研究の広がりと展望」

主催:低温生物工学会
協賛:日本生物物理学会 他                                       
日時:2013年6月22日(土)
場所:関西大学千里山キャンパス(吹田市)

プログラム:
 10:00~10:15 はじめに(関西大学・河原秀久)
 10:15~11:10 鈴木 款(静岡大学)
 「バイオエアロゾルは環境中で何をしている? プラスの効果とマイナスの効果?」
 11:05~12:00 河原秀久(関西大学)
 「なぜ氷核活性細菌は凍っても生きてるの?」
(12:00~13:15 昼食休憩)
 13:15~14:10 木村茂雄(神奈川工科大学)
 「大気着氷現象の実際と問題,そして対策」
 14:10~15:05 稲田孝明(独立行政法人産業技術総合研究所)
 「不凍タンパク質の機能に学ぶ - 氷の発生や成長を制御する技術 -」
 15:05~15:10 おわりに(関西大学・河原秀久)
(15:30から一般講演を行います)

連絡先: 
 〒564-8680 吹田市山手町3-3-35
 関西大学化学生命工学部生命・生物工学科 
 河原秀久
 TEL:06-6368-0832 FAX:06-6388-8609

email:kawahara(at)kansai-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://square.umin.ac.jp/jscc/japanese/event/annual/annual58.html#seminar