ニュース

「BIOPHYSICS」にPatil et al " The role of charged surface residues in the binding ability of small hubs in protein-protein interaction networks"を掲載

2007年07月26日 学会から

 日本生物物理学会欧文誌「BIOPHYSICS」に以下の論文が新規掲載されました。
Ashwini Patil and Haruki Nakamura (2007) The role of charged surface residues in the binding ability of small hubs in protein-protein interaction networks, BIOPHYSICS, 3, 27-35.
 詳細は以下のURLをご覧下さい。URL:http://www.jstage.jst.go.jp/article/biophysics/3/0/3_27/_article


前のページに戻る